【お家で洋食】イギリス料理コテージパイのレシピ・作り方|Recipe Benelong Bites|

皆さん、こんにちわ。今回はイギリス料理のコテージパイをご紹介します。

このコテージパイは皆さんもご存じ英国のクラシックな料理の一つ。濃厚でコクのある野菜と牛挽肉で作られたフィリングの上に、スムース&クリーミーなマッシュドポテトをトッピングし、オーブンで黄金色になるまで焼き上げ、暖ったかホクホク、食べたら心も温まる美味しい食べ物ですね。

コテージパイ

この英国クラシックフード、寒い冬の日に食べるのはもちろんですが、我が家では一年を通して人気のある料理です。見た目もゴージャスで作るのが結構難しく、手間もかかるように思われがちですが、実際に作ってみると、これが意外と簡単!素材的にもあまり凝った材料は使用せず経済的で冷蔵庫で数日間保存が効きますし、冷凍して保存することも可能です。(冷凍するのはあまりお勧めはしませんが)

ちょっと豆知識!コテージパイとシェパーズパイの違いは?

コテージパイとは別の食べ物でシェパーズパイという料理があります。この2つの料理、とっても似ているため混乱してしまうこともあるのですが、コテージパイは牛挽肉使用、シェパーズパイは子羊ひき肉を使用となります。ちなみにどちらも同じ方法で作られます。

イギリス出身の友人に、このコテージパイを食べてもったことがあるのですが、その際、大絶賛してもらいました。是非一度、このレシピでコテージパイを作ってみてください!

それでは、レシピ解説に入っていきます。

コテージパイレシピ(4人分)下準備15分 調理時間1時間30分

材料その1(ビーフフィリング)

  • オリーブオイル 大さじ1
  • ニンニク 2片
  • 玉ねぎ 1個
  • にんじん 1本
  • セロリー 1本
  • 牛挽肉 600グラム
  • 小麦粉 40グラム
  • トマトペースト 50グラム
  • ビーフストック 250ml (または 水 250ml )
  • 赤ワイン 100ml
  • 乾燥ベイリーフ(ローリエ、月桂樹)4葉
  • 乾燥タイム 小さじ1
  • 塩 小さじ 1
  • 胡椒 少々

材料 その2(トッピング用マッシュドポテト)

  • じゃがいも 1kg
  • ミルク 200ml
  • バター 50グラム
  • パルメザンチーズ削り 20グラム
  • 塩 小さじ 1/2

材料 その3(仕上げのパルメザンクラスト*お好みで)

  • パルメザンチーズ削り 小さじ1
  • 溶かしバター 15グラム または オリーブオイル 大さじ1
  • 乾燥タイム 1つまみ

下準備

  • セロリー、皮をむいた玉ねぎ、にんじんを5~8mm位の大きさに角切りし、ニンニクは小さくみじん切りします。
  • じゃがいもの皮をむき、約3cm大きさにカットし、鍋に入れ、たっぷりの水量でじゃがいもをカバーします。その際、お水に塩を子さじ1加えます。
  • ミルクを鍋に入れて、40℃前後に温めておきます。

作り方 その1(ビーフフィリング)

  1. 中火でかけたフライパン又は鍋に油を入れ、玉ねぎ、ニンニクを約1分間炒めます。その後、セロリー、にんじんを加え約3分間、火が通りやわらかくなるまで炒めます。
  2. 強火にし、牛挽肉、塩、胡椒を加え、野菜と混ぜながらひき肉全部の色が変わるまで火を通します。
  3. 小麦粉を入れ混ぜ合わせた後、次にトマトペースト、赤ワインを加え、混ぜ合わせながら約2分間強火で火を通し、赤ワインのアルコール分を蒸発させます。
  4. 強火のままで今度はビーフストック(または 水)、ベイリーフ、タイム を加え、グツグツと煮えてきたら、中火にし約30分間とろとろの濃厚なソースになるまで調理します。その間、5〜10分おきによく混ぜ合わせてください。
  5. 味見をし、塩加減を再度チェック。その後、オーブン皿にうつします。

作り方 その2(トッピング用マッシュドポテト)

  1. じゃがいもと水の入った鍋に強火で火を与え約8〜10分間、沸騰したら中火にしコトコトと約15分間、茹でます。
  2. 串、フォーク、ナイフ等でじゃがいもが柔らかくなったかチェックします。*スーと抵抗なく串が貫通したら、火を止め、ザル等を使用し水を切ります。少し硬い場合は、もう数分間茹でて再度、串等でチェックしてください。
  3. よく水を切ったジャガイモを鍋に戻し、熱々のうちにポテトマッシャーを使用してジャガイモを良く潰します。
  4. ジャガイモが熱いうちに、バター、温かいミルク、塩、パルメザンチーズを加え、木ベラ等を使用し混ぜ合わせます。
  5. 味見をし、塩加減を再度チェックしたら、次にビーフフィリングの上に均等にマッシュドポテトをのせます。*パイピングバッグを使うと簡単に仕上がります。
  6. お好みで、パルメザンチーズ削り、溶かしバターまたはオリーブオイル、乾燥タイムをマッシュドポテトの上にかけます。
  7. 180度のオーブンで約25ー30分間位(実際、ご家庭で使用するオーブンによって時間は異なります)、またはマッシュドポテトの表面が美味しそうな黄金色になったら完成です。
  8. お皿をオーブンから取り出す際はとても熱いので、十分に気をつけてください。

ポイント・コツ

  • 作り方 その1の手順4:ビーフフィリングは適度に水気を蒸発させて、とろとろの濃厚なソースになるまで調理します。強火で調理し続けると、焦げついてしまうこともありますので火加減に注意し、中火でゆっくり調理してください。
  • 作り方 その2の手順3&4:冷めた状態のポテトをマッシュしたり混ぜあわす作業をするとポテト内の成分デンプンが出てきてしまいネバネバと粘り気が強く舌触りの良くないマッシュドポテトになってしまいますので、ポテトが熱いうちにこの手順3&4の作業を行ってください。
  • 作り方 その2の手順5:熱々のやわらかいビーフフィリングの上にマッシュドポテトをのせる場合、マッシュドポテトがビーフフィリングに沈んでしまいがちです。これを防ぐ為に、ビーフフィリングを少しの間、冷蔵庫に入れて冷ましてからマッシュドポテトをのせると比較的簡単に仕上げる事ができます。裏技ですが下写真のようなパイピングバッグを使用すると簡単にマッシュドポテトを平らにビーフフィリングの上にのせる事ができます。お持ちの方はぜひ使用することをお勧めします。
  • 時間がある場合は、ビーフフィリングを前日または前もって作っておき、マッシュドポテトを当日作って仕上げるのもいいアイデアです。
  • 3-4日間位、冷蔵庫で保存可能です。保存の際は、十分にオーブン皿を冷ましてから冷蔵庫に入れるようにしてください。

それでは、皆さん今日も最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。

ENJOY YOUR MEAL!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました